The Website of Hitoshi "Paul" FukuePosts RSS Comments RSS

霊的粘り強さの訓練 (2月22日)

『やめよ。わたしこそ神であることを知れ。』詩篇46:10

 粘り強さというものは忍耐力だけではない。それは忍耐力プラス期待している事が必ず実現するという確信である。粘り強さとは逃げ出さないというだけのことではない。逃げ出さないというのは離れるのが怖いからという弱さを現わしているに過ぎないのかもしれない。粘り強さとは自分の主イエスの敗北を決して信じない至高の努力のことである。人の最大の恐れは地獄に落ちるかもしれないということではなく、イエス・キリストが敗北するかもしれないということである。つまりイエスがいのちをかけた愛とか、正義、赦し、人への思いやりなどが、最終的には敗北し、イエスがいのちをかけた事柄が幻影に見えるということである。霊的粘り強さが求められるのはまさにこの時である。ただ逃げ出さず、なにもしないというのではなく、神は敗北しないという確信に断固として立つことである。
 今この瞬間にあなたの希望や計画がだめになりそうであるなら、それはそれらがきよめられているということである。人の心が望み、夢見る高貴なことで成就しないものはなにもない。人生における最大の重圧は神を待つという重圧である。「あなたがわたしの忍耐について言ったことばを守ったから」と主から言われる者となりたい。
 霊的に粘り強い人となりなさい。

No responses yet

Leave a Reply