The Website of Hitoshi "Paul" FukuePosts RSS Comments RSS

Archive for 12月, 2011

人を偏り見ない神        (12月8日)

『キリストは聖なるものとされる人々を、一つのささげ物によって、永遠に全うされたのです。』ヘブル10:14
 私たちが赦されているのは、私たちが自らの罪を悔いているからだともし考えるとすれば、私たちは神の御子の血を踏みにじることになります。神の赦しと神の忘却という計り知れない深遠さを説明できるものはただイエス・キリストの死のみです。悔い改めとはキリストが私たちのために成し遂げてくださった贖いに気がついた結果にすぎません。「キリストは、私たちにとって、神の知恵となり、また、義と聖(きよ)めと、贖(あがな)いとになられました」(1コリント1:30)。キリストが私たちにとってこれらすべてとなってくださったことに気づく時、神の計り知れない喜びが始まります。神の喜びがない所ではどこでも、死の宣告がなされているのです。
 私たちが誰であるか、何をしている人であるかは関係ありません。イエス・キリストの死によって、そしてそれ以外のなににもよらず、神の中へと完全に復帰できるのです。イエス・キリストがそのように祈られたからではなく、キリストが死なれたからです。神の赦しを私たちは自分の努力で勝ち取るものではなく、受け取るだけなのです。十字架を意図的に認めない祈りはなんの役にも立ちません。自分の努力で神の赦しを勝ち取ろうとすることは、イエスが開いてくださった扉ではなくて、別な扉をたたいて開けようとしているようなものです。罪人としてキリストに受け入れてもらうのはあまりにも屈辱的だから、その扉からは入りたくない、と言われますか。「この御名のほかには、・・・与えられていない」(使徒4:12)のです。神のお心が狭く見えるところにこそ実は神の真の愛があるのです。神に至る道への入り口は計りしれず広いのです。「キリストの血によって私たちは赦されているのです。」イエス・キリストの死と結ばれるとは、キリストの中には存在しないすべてのことに対して、キリストと共に死ぬという意味です。
 悪人を救って善人にするところに神の働きがあります。主イエスは私たちに罪があるのに、それでいいのだという見せかけはしません。贖いとは、神がイエスの死を通して聖(きよ)くない人を聖(きよ)い人に変える贖罪のみわざのことです。

No responses yet