The Website of Hitoshi "Paul" FukuePosts RSS Comments RSS

Archive for the '救いへの道とは' Category

救いにいたる神の力 神の福音(喜ばしい神のおとずれ)Good News、 信じる者に救いを得させる神の力

(この資料は使徒パウロの書いたローマ人への手紙を土台としている。この中でパウロは人間の根本的問題とそれからの解放を述べている。この驚くべき不朽のメッセージを注意深く読み取って欲しい。 そして神の恵みと愛がいかにすばらしいものであるか体験してほしい。)

1.人間のすべての問題の根源的原因は、創造主なる神を神としてあがめ、感謝することなく、かえって創造主の代わりに造られたもの(被造物)を神と している(偶像崇拝)ことである。創造主なる神を神とせずに神でないものを神としているところに、人間のすべての問題の根本的原因がある。

  • このことは聖書の創世記にある最初の人間アダムが犯した間違いに始まっている。アダム以来すべての人がこの状態に陥っている。
  • 偶像崇拝ということで何かの像を拝むことだけを想像してはいけない。お金も異性も人間もイデオロギーも思想も趣味も成功も幸福も学歴も地位も、有 形無形のどんなものでも偶像になりうる。「健康」でさえ偶像になりうる。すべての人が持っている偶像とは『自分』という偶像である。この世で『自分』ほど 大事なものはないという思いが自分を偶像化しているのである。『自己実現』したいという思いが偶像崇拝なのであ。本当は人間は『神実現』をするために造ら れた存在なのである。創造主なる神の御姿をこの地上にあって映し出すことが人間の存在の意味なのである。それを忘れ、神以外のものを神以上に重要視するこ とを偶像崇拝と言う。 Continue Reading »

No responses yet