The Website of Hitoshi "Paul" FukuePosts RSS Comments RSS

Archive for the '牧師の小窓' Category

勇気ある行動  日系人2世

 (第14代合衆国運輸長官、ノーマン・ミネタ氏)
 最近はじめて日系アメリカ人のノーマン・ミネタ(峯田良雄)という人物について知る機会を得ました。NHKの特別番組で渡部謙さんとのインタビューでこの人の人となりを知ることができ、日本人として誇りに思いました。ノーマン・ミネタ氏はカルフォルニア・サンノゼ市の市議会議員を皮切りにアメリカ合衆国の運輸長官にまで上り詰めた人です。クリントン大統領とブッシュ大統領のもとで日系人としてははじめての閣僚でありました。あの9・11の同時多発テロが起きた時に運輸長官をしていて、素早い対応が求められていた時に、非常に勇気ある言動を貫いた点に痛く感動しました。彼は、9・11の直後にアメリカ国内の各空港における乗客の身体検査に関して、人種・国籍、宗教などによる特別検査を認めないと発表したのでした。テロを起こした犯人たちがアラブ系イスラム系であるということによって、すべてのアラブ系の人やイスラム教徒が特別厳しい検査を強要されるであろうことを予測して、それを認めないとメディアで明言したのです。すべての乗客が同等の身体検査を課せられることになるという姿勢を貫いたのです。そのために、ミネタ氏は激しい攻撃にさらされることとなりました。世論の心ない批判攻撃にさらされても、一歩も譲らず、彼の姿勢を貫き通したことは後に高く評価されることとなったのです。
 そのような強固な意志がどこから来たのか、実は彼は日系人2世として太平洋戦争勃発と同時に両親と共にロスアンゼルスからワイオミングにあった日系人収容所に隔離された経験を持っていたのです。日系人であるというだけで、彼はアメリカに対する忠誠を疑われ、荒涼たる原野に送り込まれたのです。そのような人権を踏みにじった過ちをアメリカは二度と侵してはならないという彼の信念がアラブ系イスラム系の人々に対する姿勢につながったのでした。その信念を貫いてくれたおかげでどれほど多くのアラブ系イスラム系の人々が9・11後のアメリカで難局を乗り越えられたことでしょう。また、ミネタ氏は日系人収容所に入れられた人々のための法律を実現し、国からの謝罪と補償とを取りつけたのでした。
 いかなる世間の誹謗中傷にも屈することなく、信念を貫くということがいかに難しいことか、ミネタ氏のような日系人がいるということを知ることができて本当に幸いでした。

No responses yet

悲しみを乗り越えて

 アメリカの作家ソーントン・ワイルダーが書いた短編小説に「サン・ルイ・レイの橋」というものがあります。1927年に初版本が出版され、それ以来読み継がれてきています。これはご存じの方もいらっしゃると思いますが、南米ペルーのリマ郊外で起きた橋の崩壊事故を題材として書かれたものです。サン・ルイ・レイという名前の橋は大変美しいものであったそうです。その橋はインカ帝国が栄えた頃にできた橋で、1714年に崩壊しました。その時にちょうど橋の上を通行していた5人の人が犠牲になるという話です。事故を目撃した一人のフランシスコ会派の修道士が一つの疑問を抱いたのです。橋の崩落の時にちょうどその上に歩いていた人々は偶然そこにいたのか、それとも背後になんらかの神の意志が働いていたのか、という宗教的、形而上学的な疑問です。そこで彼はその5人の過去について多くの人々にインタビューを行い、彼らの性質や過去と事故との間につながりがあるかどうかを見極めようとするのです。そして膨大な書物を作り上げました。その事がフランシスコ会派の諮問委員会の怒りに触れてその書物は焼かれてしまいます。そして彼も処罰を受けるのです。その一方で、橋の崩落の犠牲者の遺族たちはそれぞれの悲しみをかかえて悩み苦しむのですが、一人のアベスという遺族が、他の遺族の所を訪問します。この悲しみを真に理解してくれるのは同じ悲しみを体験した人だけだと思うからです。そして、訪問してみると、遺族の一人はカトリックの修道女で、孤児院で孤児たちや病人の世話を忙しくしているのでした。その献身的な奉仕の姿にふれてアベスは深く感動するのです。そして小説の最後でこう言わせています。「生者の国と死者の国があり、その二つをつなぐ橋は愛である。それだけがいつまでも続くものであり、それだけが意味のあるものだ。」
 今回の大震災を思う時、この作品を再び思い出します。結局私たちには分からない事が沢山あり、神だけがご存じの世界がある。しかし、悲しみを抱えながらも愛に生きることだけが人生に意味を与え、愛だけがいつまでも残るものだという聖書の真理が改めて響いて来ます。

No responses yet

「牧師の小窓」 あなたもあなたの家族も

チャペルコンサートの後で、2010年11月14日

 先週の日曜日は加賀野井教会の創立37周年記念礼拝を行う事が出来たことを心から感謝いたします。この日のために東京からピアニストの藤井みどり姉が応援に来てくださり、すばらしいピアノの演奏をしてくださいました。当日は思いがけずご近所の方々も大勢来てくださり、秋晴れの日曜日、心に響くチャペルコンサートを持つことができました。ピアノの演奏を聞きながら涙を流している人もいました。藤井姉のピアノ演奏は祈りと信仰から出ているもので、神様の栄光のために自分の賜物を捧げて弾いていますから、自ずと聴く人々の心が神様の方に向いて行きます。演奏の間に語ってくださいました証しを少し思い起こしたいと思います。最初に話されたのは藤井姉の祖父、諌山修身(のぶみ)牧師のことです。諌山先生は少年のころ、貧しい境遇に育ち、そこから脱却するためにアメリカに単身渡りました。かの地でひと儲けして金持ちになって故郷に錦を飾ることが少年の夢でありました。カルフォルニアあたりで働いていたところ、ある時ロスアンゼルスの街角でキリスト教の路傍伝道に出くわし、そこでイエス・キリストに捕らわれたのでした。その時から人生の目的が180°変わり、キリストのために身を捧げるようになったのです。後に日本に帰ってこられてから各地に教会を建て上げ、最後は東京の尾山台に立派な教会と幼稚園を設立されました。私どもが以前牧会をさせていただいたことのある教会であります。諌山青年がひとりキリストに捕えられたことによって、その家族、親族が4世代に渡って信仰をいただくこととなり、藤井みどり姉の信仰のルーツは祖父のロスアンゼルスでの救いの時に遡っています。一人の人がキリストに救われることによってどれほど大きな影響を後々の世代にまでもたらしているかということを証しされました。「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」というみことばの真実を見させていただきました。

No responses yet

「牧師の小窓」 万事益となる

藤井みどり姉

 先週の「牧師の小窓」でチャペルコンサートでピアノを演奏してくださった藤井みどり姉の証しを詳しく記してみました。もう一つの証しをされていましたので、それも記しておきたいと思います。聞いただけでは忘れやすいと思いますので、改めて書きとめておきます。その証とは藤井姉のお父さんの事でした。お父さんは聞くところによるとトランペットがとても上手であったそうです。伝道集会などでよく演奏していたそうです。そのお父さんが戦争に行かれ、目を負傷されたのでした。片目を失明したのです。子供心に父親の片目が不自由であるということが、悲しくてなかなか受け入れられなかったと言います。どうしてこんなことになったのかと子供時代はずっと腹立たしく感じていたのだそうです。ところが、藤井姉が高校を卒業して音楽大学に進みたいと思った時、授業料をどう工面すればいいか、という時になってはたと困ってしまった。その時、彼女のピンチを救ってくれたのが、父親の恩給であったのです。戦争で負傷したことによって国から支給される恩給が彼女のピアノの技術を磨くための授業料に用いられたのでした。父親の片目が見えなかったことが彼女にとってなかなか受け入れられない現実であったのですが、その現実が彼女の人生にとって大きな意味を持つ助けになるという事実に変化したのです。
 そのことから、彼女は人生で悲しいと思う事や苦しいと思う事も、神様の大きなご計画の中では、万事益となる、という聖書の真理を痛感したのでした。私たちは近視眼的に物事を見ることが多いのですが、そして、そのために一喜一憂しやすいものです。神様を愛する人にとっては、悲しいと思う事、苦しいと思う事そのものが、神様の手によって私たちの助けと変えられていくという聖書の真理は、私たちの物の考え方、生き方そのものを変えていく力を持っています。そのためには、「神を愛する」という、神様と信仰で結びつくことが不可欠であります。神様と信仰で結びつくことによって近視眼的見方から解放されて、耐える力、信頼する心が養われていくのではないでしょうか。

No responses yet

マニラのアメリカン・セメタリー

マニラの中心地にマカティという商業地域がありますが、そこに隣接する広大な場所にアメリカン・セメタリーという場所があります。そこには第二次世界大戦中、フィリピンでの戦いで命を失ったアメリカ人兵士やフィリピン人兵士たちの墓地があります。何万という数の十字架の墓が見事に整えられた公園のような墓地に整然と並んでいます。下の写真の中に見える左右の白い部分がその十字架の墓群であります。写真に見えるのはほんの一部分で、全体はあまりにも広大で驚いてしまいます。その墓地の中央には回廊があり、その壁面に戦死した兵士たちの名前が石にびっしりと刻まれています。その名前を見ていきますと、アメリカのあらゆる州からの出身であることや、その中にフィリピン人も混じっていることなどが分かります。私たちは日本人として日本の立場からこの戦争を考える傾向にありますが、向こうの人々の立場からあの戦争を考えると、これほどの人々があの戦争で命を失ったのかと、この墓地に立って思わされてしまいます。このあまりにも美しい墓地にいると、そこがあの悲惨な戦争で亡くなった人たちの墓地であることを忘れてしまいそうです。私たちは自分たちの側から見るだけでなく、反対の側に立って同じものを見ることも大事であることを、ここに立つといつも思わされます。
         2006-2007-graduation-and-etc-0981
              (マニラのアメリカンセメタリー、2006)

No responses yet

アイダホ州のNPO

私たちがマニラにいた時に、時々アメリカの教会を回る機会がありました。そんな機会に様々な所を見学して視野を広めることができました。下の写真に あるのは、アイダホ州のナンパという町にある、Hands of Hope(希望の手)というNPOであります。現在、私たちの親しい知人がそこで働いています。このNPOでは各地の病院で使わなくなった古い医療機器や 補助器具などを譲り受けて、それを世界の必要としているところへ送っています。全米でこのようなNPOは二つだけあるのだそうです。病院では医療機器が日 進月歩でどんどん新しいものが出てきますから、古くなったものは使われなくなります。また、車椅子とか、杖とか、等もたくさん余っています。そういった物 を整理し、倉庫に保管し、修理するものは修理し、アフリカや、アジア、ロシアに年に二回ほど大きなコンテナで送り出します。病院から譲り受けるのは無料で すが、船で外国まで運搬してもらうのに多額のお金がかかりますので、それは教会の献金でまかなっています。このような草の根の運動はなかなか普通のメディ アでは報道されませんが、これによって恩恵を受けている人々はかなりの人数になると思います。地道にこういった活動をすべてボランティアでしていることを 見て、大変勉強になりました。日本では使わなくなった医療機器や器具をどのようにしているのでしょうね。

(ハンズオブホープというNPOの前で、アイダホ、2005年)

No responses yet

マニラ湾の戦争記念碑

下の写真はマニラ湾に近い所にあるフォートサンチアゴという公園の中にある戦争の記念碑です。十字架の後ろに見える入口は旧スペイン統治時代の要塞です が、第二次世界大戦の時、日本軍が米軍とフィリピン人の捕虜数百人をここに閉じ込めて、食べ物を与えず餓死させたと言われています。鉄格子で閉じ込められ て、狭いところで窒息死したとも言われています。私はここに学生の時に一度訪れたことがありました。あの頃、まだ戦争の記憶が生々しく残っていて、いたる 所で戦争の傷跡があり、日本人であることが居たたまれない思いがしました。あれから40年後、私は再びこの同じ場所に立ちました。日本のアジアにおける立 場は随分と変わったことを感じました。日本が戦争を放棄し、アジアの国々に経済的人的支援を惜しまずに行ってきた成果だと思います。しかし、それでも戦争 のもたらした傷はいまだに癒えないものがあり、フィリピンの人達と親しくなると戦争の傷を話してくれるようになります。今、世界は再び軍備拡張が進み、経 済的破綻が見られます。あちこちで国と国とが疑心暗鬼になってきています。ロシアもアメリカも中国もイランも北朝鮮も軍備を拡張しています。世界は危険な 方向に進んでいると感じないでしょうか。この様な時こそ私たちは戦争の悲惨さを忘れてはならないと思います。

(マニラ市のフォートサンチアゴにある戦争記念碑、2007年)

No responses yet